Music of Japan

日食なつこ -「音楽のすゝめ」MV | 音楽 | 最新のタイの歌

日食なつこ -「音楽のすゝめ」MV – タイの音楽情報

ここでより多くのタイの歌を参照してください:https://pickpeup.com/music-of-japan

音楽 – このトピックに関連する情報.

15th MV「音楽のすゝめ」
作詞作曲: 日食なつこ
編曲: 武部聡志

— Music —-
Vocal & Piano: 日食なつこ
Drums: komaki
Bass: 安達貴史
Guitar: 西川進
Manipulator: 前田雄吾
Engineer: 今井邦彦

— Video —
Director: 上田優加(LD&K inc.)
D.O.P: ナカジマセイト(superbly inc.)
Camera: ナヒラユウキ
Lighting director: 倉井陽祐(SHUHEI inc.)
Stylist: 上杉麻美(DEXI)
Hairstyles and Make-up: hitomi andoh

Color Guard Team: Via Colorguard
Director: 綱島朋也
Dancer: Kazuki / Chikara / Rihona / Naoya / Hitomi / Yurika / Minako / Miki / Nana / Kae / Tomoya / Miyu / Konami / Sumika / Shiho / Chisato / Haruka

—– New Release —–
2021年3月10日(水)発売
シングル「音楽のすゝめ」

—– Digital Release —–

—– 日食なつこコメント —–
 2019年夏。某大型フェスに出演した際、自分の出番が終わった後に一番大きなステージの大トリのライブを観に行きました。そのステージがそれはもうひっくり返るくらい素晴らしくて、この記憶は絶対忘れたらダメだと思いフェスから帰宅したその夜のうちに衝動に任せて4行だけの歌詞を五線譜の裏に書き殴りました。それが「音楽のすゝめ」サビ部分です。

 あれから1年半。音楽の居場所がすっかり限られてしまった今、あの大トリのステージを観られたことは僥倖だったと感じています。音楽業界総員が停滞した市場に苦しみまくっている今、改めて「音楽ってなんか役に立つのか?」ということを冷静に考えた時、あのステージの光が音が、真っ先に蘇ってきたからです。「理屈じゃねえ。手放せるわけがねえ。音楽が好きだからこんな苦境でも直感で音楽にしがみつくしかないんだ悪いか!」という、音楽馬鹿として超優等生な答えが腹の底から跳ね返ってきました。業界総員、そう逆ギレしていてほしいと願いました。

 音楽を鳴らす者、売る者、浴びる者…全ての音楽人に必ず再び訪れるべき夜明けの時まで、
幻でもいいから夢を見続けることだけはやめずに続けていてほしいです。そして、そのための
1本の旗のような目印が今は必要な時です。
 今作「音楽のすゝめ」、その1本の旗として、世の中に堂々提示します。

 大変な状況の合間を縫って原曲にすばらしき錦の衣を着せてくださったアレンジャー武部さん、及びレコーディングメンバーの皆様、スタッフの皆様のご尽力に改めてお礼申し上げます。

—– 歌詞 —–
短い夢を 朝が来れば幻と化す夢を
後先もなくかき集めてしまう 馬鹿な僕らでいようぜ

一つ、知識や偏見をまず置いてくること
二つ、好きか嫌いかはあとで考えること
三つ、揺れて動いた心に従うこと
いいから黙って飛び込んでくればいいのさ

短い夢を 朝が来れば幻と化す夢を
後先もなくかき集めてしまう 馬鹿な僕らでいようぜ

四つ、愛の深さを比べ合わないこと
五つ、神様みたいに信じすぎないこと
六つ、あんまり大事にしまい込まないこと
空に放り投げてみたっていいんだぜ

短い夢を 朝が来れば幻と化す夢を
後先もなくかき集めてしまう 馬鹿な僕らでいようぜ

七つ、どんな歌も終わりがあると知ること
八つ、泣いてもいいからちゃんと次に行くこと
九つ、即ち音楽これ人の心
絶やしちゃいけない人の命 そのものなんだよ

短い夢を 朝が来れば幻と化す夢を
後先もなくかき集めてしまう 馬鹿な僕らでいようぜ

失われた時間は2度とこない また会える約束もできやしない
すぐに朝が来て 現実が来て 夢の冷める温度を知っちゃって
濁流のような渦の中 押し流されそうな記憶を
腕1本で 指1本で 保ち続けるお前に幸あれ

短い夢を 朝が来れば幻と化す夢を
後先もなくかき集めてしまう 馬鹿な僕らでいようぜ

また馬鹿な僕らで会おうぜ

—– ロングインタビュー公開 —–

—– Information —–
Subscription:
HP:
Twitter:
Facebook:
LINE:

あなたはここで世界中のより多くのカントリーソング情報を見つけることができます:Pickpeup

日食なつこ -「音楽のすゝめ」MV | このトピックに関連する画像.

日食なつこ -「音楽のすゝめ」MV
日食なつこ -「音楽のすゝめ」MV

トピックに関連する検索 音楽.

#日食なつこ #音楽のすゝめMV.

日食なつこ -「音楽のすゝめ」MV.

音楽.

ขこの曲を見てくれてありがとう。

Chirawan

สวัสดีเพื่อน ๆ จีรวรรณ ฉันชอบฟังเพลงประเภทต่างๆดังนั้นฉันจึงสร้างเว็บไซต์นี้เพื่อแบ่งปันเพลงที่ดีที่สุดกับคุณ คุณฟังฉัน https://pickpeup.com/ ที่นี่

Related Articles

41 Comments

  1. 武部聡が絡んできたら、ありきたりな音楽にされそうでこわい。
    熊木杏里をいぶし銀的な持ち味を完全消されてしまったから。

  2. たった一瞬味わった感動や衝撃、興奮を忘れないように頑張って保ちながら、ギリギリのところでもう一度自分で実現、表現しようと足掻く必死な努力。めっちゃロックだと思う。それに芸術家だと思う。素敵。

  3. 日食さんの歌を聴くと
    雪原に一本で立つまっすぐな木のような気高さ、そして強さを感じます

    こんな世の中だからこそ今日食さんに、日食さんの歌に出会えてよかったです

  4. さっき大勢の親切な人達に送り出されてきた。前にもそんなことがあって、その度に思うんだけど、まるで走馬灯とか人生の最終回みたいでものすごく寂しい。悲しい。だから7、8、9番目に励まされた。この歌を知れて良かった。

  5. 歌うことが好きで団体にも属していましたが、情勢のことから1年以上活動をやめておりました。自分のなかで、歌うことはよくないことだという意識をうっすらと持っていました。
    でも、この曲を聞いて、音楽、歌を好きでいていいと、自分のことを強く肯定された気分になりました。
    この曲を口ずさんでいると泣きたくなります。本当にありがとう。

  6. カッコいい……
    力強くて喝を入れられた気分もすれば、寄り添って背中を押してくれた感じもする。女性らしさも男性らしさもある。心にスッと入って、内側から体温を上げてくれるような、エネルギーをもらえる。

  7. 歌番組とかでよくある人が歌ってる周りでダンスする演出、苦手だけどこれは曲と最高にマッチしていて是非生でも見て、聴きたいと思えた

  8. 長らく忘却の彼方にあった日食さんの楽曲、水流のロックが聞こえた瞬間一気に聴きたくなって来たわ~。
    まだまだ応援してます。

  9. 今まで音楽を聴いていてそんなことは一度もなかったのですが、聴いているうちに涙が止まらなくなって暴れたくなりました。音楽と、その文化を創り出した人間そのものへの愛がこもった魂の賛歌だと思います。

  10. いま、ラジオに流れて初めて知りました
    なんか懐かしいような気持ちになりました

    例えて言うなら小さいときに『よし!いくぞ!』という気持ち鼓動に感じました

  11. MVの印象が予想外で驚きました!
    真っ暗な中から徐々に浮かび上がってきて輪郭がはっきりしてくる様子が歌詞と合ってて素敵です。

  12. 曲の入りがカッコよすぎる!耳で「ながら」で聞いてたけど最初10秒の段階でカッコよすぎて、PVをいつの間にかガン見していました。

ใส่ความเห็น

อีเมลของคุณจะไม่แสดงให้คนอื่นเห็น

Back to top button