Music of Japan

和楽器バンド / 吉原ラメント(2018.1.27横浜アリーナ) | 和楽器バンド | 最新のタイの歌

和楽器バンド / 吉原ラメント(2018.1.27横浜アリーナ) – タイの音楽情報

ここでより多くのタイの歌を参照してください:ここでもっと素晴らしい音楽を見る。

和楽器バンド – このトピックに関連する情報.

■和楽器バンドHP

■各配信サイト、ストリーミングサービスにて楽曲を配信中!

★和楽器バンドの曲がAWAなら聴き放題
無料で体験する▶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
\  世界最大規模5000万曲がAWAで聴き放題  /
 \全曲ダウンロード可能!圏外でも聴ける!/

・広告なしで聴ける!公式音楽アプリ
・Google play「2017年 ベストアプリ」大賞を受賞
・好みを分析して自動で音楽をおすすめ
・音楽プロデューサー、アーティストなどによる
 プレイリストが豊富
無料で体験する▶

※無料トライアル期間は、AWAの未登録の方に限ります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたはここで世界中のより多くのカントリーソング情報を見つけることができます:https://pickpeup.com/

和楽器バンド / 吉原ラメント(2018.1.27横浜アリーナ) | このトピックに関連する画像.

和楽器バンド / 吉原ラメント(2018.1.27横浜アリーナ)
和楽器バンド / 吉原ラメント(2018.1.27横浜アリーナ)

トピックに関連する検索 和楽器バンド.

#和楽器バンド #吉原ラメント2018127横浜アリーナ.

和楽器バンド / 吉原ラメント(2018.1.27横浜アリーナ).

和楽器バンド.

和楽器バンド,吉原ラメント,大新年会,横浜アリーナ

ขこの曲を見てくれてありがとう。

Chirawan

สวัสดีเพื่อน ๆ จีรวรรณ ฉันชอบฟังเพลงประเภทต่างๆดังนั้นฉันจึงสร้างเว็บไซต์นี้เพื่อแบ่งปันเพลงที่ดีที่สุดกับคุณ คุณฟังฉัน https://pickpeup.com/ ที่นี่

Related Articles

46 Comments

  1. 和楽器バンドがこんなジャズやってるの珍しい…
    ジャンル何やらせてもカッケェな…

    マジで五輪の開会式か閉会式で出てほしかった

    なんで出さなかったのか未だに疑問

    何がしたいのか全く分からんパフォーマンスよりも何万倍も見応えあるし、日本らしさめっちゃあるし、外国人のウケもいいし、出すにはめっちゃ良かったのに

  2. 歌詞

    江戸の街は 今日も深く
    夜の帳(とばり) カケテいく
    鏡向いて 紅を引いて
    応じるまま 受け入れるまま
    橙色 輝いた花
    憧れてた 望んでいた
    いつの間にか 藍色の花
    けれど私 安くないわ

    まことはただ一人の
    どなたかの為だけに
    咲いていたかったのだけれど
    運命はわっちの自由を奪い、
    そいで歯車を回していくのでありんす

    偽りだらけの恋愛
    そして私を抱くのね
    悲しいくらいに感じた
    振りの吉原 今日は雨
    貴男様どうか私を
    買っていただけないでしょうか?
    咲き出す 傘の群れに
    濡れる 私は雨

    行き交う群れ 賑わう声が
    ひしめき合い もつれ合い
    願うことは どうかいつか
    鳥かごの 外連れ出して

    まことは行く宛などなくなって
    しまいんしたのだけれど
    こなたの籠の中から
    見える景色だけは
    わっちをいつなる時も
    癒してくれるんでありんす

    偽りだらけの恋愛
    そして私を買うのね
    私に咲いた花びら
    濡れる心に降るは雨
    貴男様どうか私と
    一夜限りの戯れを
    望む 染みの数が
    鈍く 心に刺さる

    憂いを帯びた花 望む 果てる

    「ようこそおいでくんなまし」

    恋人ごっこの夜に
    吐息「あっアッ」と鳴かせて
    悲しいくらいに感じた
    振りの吉原 今日も雨

    偽りだらけの恋愛
    そして私を抱くのね
    悲しいくらいに感じた
    振りの吉原 今日は雨
    貴男様どうか私を
    買っていただけないでしょうか?
    咲き出す 傘の群れに
    濡れる 私は雨

  3. 歌詞失礼します

    江戸の町は 今日も深く
    夜の帳 かけて行く
    鏡向いて 紅を引いて
    応じるまま 受け入れるまま

    橙色 輝いた花
    憧れてた 望んでいた
    いつのまにか 藍色の花
    けれど私 安くないわ

    真はただ一人の何方かのためだけに咲いていたかったのだけれど
    運命はわっちの自由を奪いそいで 歯車を廻して行くのでありんす

    偽りだらけの恋愛
    そして私を抱くのね
    悲しいくらいに感じたふりの
    吉原 今日は雨
    貴方様 どうか私を
    買っていただけないでしょうか
    咲き出す 傘の群れに
    濡れる 私は雨

    行き交う群れ 賑わう声が
    ひしめき合い もつれ合い
    願うことは どうかいつか
    鳥籠の外 連れ出して

    真は行くあてなど無くなってしまいんしたのだけれど
    此方の籠の中から見える景色だけは
    わっちをいつなる時も癒してくれるのでありんす

    偽りだらけの恋愛
    そして私を買うのね
    私に咲いた花びら
    濡れる心に降るは 雨
    貴方様どうか私と
    一夜限りの戯れを
    望む シミの数が
    鈍く 心に刺さる

    憂いを帯びた花
    望む 果てる

    ようこそ おいでくんなまし

    恋人ごっこの夜に
    吐息「あっアッ」と鳴かせて
    悲しいくらいに感じた振りの
    吉原今日も 雨

    偽りだらけの恋愛
    そして私を抱くのね
    悲しいくらいに感じたふりの
    吉原今日は 雨
    貴方様 どうか私を
    買っていただけないでしょうか
    咲き出す 傘の群れに
    濡れる 私は雨

  4. …何も分かっていない人は、花魁=汚らしいって言うけど
    昔の女性じゃ仕方無いんだよ、それしか親の借りたお金を返す手段が無いんだから
    …申し訳無いけど、現代の女性と違って手段が無いし、何より選べない

    そんな中、必死に生きてた女性達は何より強く美しい華
    この曲はそういう女性のイメージであって、イヤらしい唄なんかじゃない

    私も、この女性達の様に強くありたい

  5. 【歌詞】
    自分用。皆さんも良ければ是非使って下さい。

    江戸の街は今日も深く夜の帳カケテいく
    鏡向いて紅を引いて 応じるまま受け入れるまま
    橙色輝いた花 憧れてた望んでいた
    いつの間にか藍色の花 けれど私安くないわ

    まことはただ一人のどなたかの為だけに咲いていたかったのだけれど
    運命はわっちの自由を奪い、そいで歯車を回していくのでありんす

    偽りだらけの恋愛 そして私を抱くのね
    悲しいくらいに感じた振りの吉原 今日は雨
    貴男様どうか私を買っていただけないでしょうか?
    咲き出す傘の群れに 濡れる私は雨

    行き交う群れ 賑わう声が ひしめき合いもつれ合い
    願うことはどうかいつか 鳥かごの外連れ出して

    まことは行く宛などなくなってしまいんしたのだけれど
    こなたの籠の中から見える景色だけはわっちをいつなる時も癒してくれるんでありんす

    偽りだらけの恋愛 そして私を買うのね
    私に咲いた花びら 濡れる心に降るは雨
    貴男様どうか私と一夜限りの戯れを
    望む染みの数が 鈍く心に刺さる

    憂いを帯びた花 望む 果てる 「ようこそおいでくんなまし」

    恋人ごっこの夜に 吐息「あっアッ」と鳴かせて
    悲しいくらいに感じた振りの吉原 今日も雨
    偽りだらけの恋愛 そして私を抱くのね
    悲しいくらいに感じた振りの吉原 今日は雨
    貴男様どうか私を買っていただけないでしょうか?
    咲き出す傘の群れに 濡れる私は雨

  6. バックの音隊に負けないボーカルと、亜沙さん作曲者が奏でる旋律 尺八、琴  もう日本のレジェンドに認定しても良いレベルすでに  そして美系揃いとか  神の領域

  7. 歌:亜沙
    作詞:亜沙
    作曲:亜沙

    江戸の街は今日も深く夜の帳カケテいく
    鏡向いて紅を引いて 応じるまま受け入れるまま
    橙色輝いた花 憧れてた望んでいた
    いつの間にか藍色の花 けれど私安くないわ

    まことはただ一人のどなたかの為だけに咲いていたかったのだけれど
    運命はわっちの自由を奪い、そいで歯車を回していくのでありんす

    偽りだらけの恋愛 そして私を抱くのね
    悲しいくらいに感じた振りの吉原 今日は雨
    貴男様どうか私を買っていただけないでしょうか?
    咲き出す傘の群れに 濡れる私は雨

    行き交う群れ 賑わう声が ひしめき合いもつれ合い
    願うことはどうかいつか 鳥かごの外連れ出して

    まことは行く宛などなくなってしまいんしたのだけれど
    こなたの籠の中から見える景色だけはわっちをいつなる時も癒してくれるんでありんす

    偽りだらけの恋愛 そして私を買うのね
    私に咲いた花びら 濡れる心に降るは雨
    貴男様どうか私と一夜限りの戯れを
    望む染みの数が 鈍く心に刺さる

    憂いを帯びた花 望む 果てる 「ようこそおいでくんなまし」

    恋人ごっこの夜に 吐息「あっアッ」と鳴かせて
    悲しいくらいに感じた振りの吉原 今日も雨
    偽りだらけの恋愛 そして私を抱くのね
    悲しいくらいに感じた振りの吉原 今日は雨
    貴男様どうか私を買っていただけないでしょうか?
    咲き出す傘の群れに 濡れる私は雨

ใส่ความเห็น

อีเมลของคุณจะไม่แสดงให้คนอื่นเห็น

Back to top button